『この幸せを写真に。』私の原点はポートレートから始まりました。

 

 

『この幸せを写真に。』

この写真でよく聞かれることがあります。

『このチャールズ・ブロンソンみたいな人は誰?』

 

 

役者さんではありません。

この人、漁師だった私の叔父ちゃんです。

 

 

912_1.JPG

ずいぶん前に他界しましたが

昨日のように、この撮影は覚えています。

 

 

見てください、このゴツい腕と指。

腕の良い漁師で評判でした。

撮影したのは確か1987年、

私が20才のときに撮影しました。

 

 

場所は叔父ちゃんの家の玄関で黒幕を貼って撮影。

このポートレートがキッカケで、

写真を職業にしようと誓ったのを

今でも覚えています。

 

 

この経験が今の『撮影会』に

繋がっています。

私の原点です。

 

 

被写体は有名人でなく

いわゆる『普通の人』が一番好き

クールビューティもいいけど

 そればっかりだと飽きてしまう。

 

感情が現れている表情がいい。

特に笑顔が好き。わかりやすい、

 

やっぱり『笑顔』はいい。

 

30年以上経過していますが、今見ても色あせない。

こうして写真は『その時を』残すのだなと実感します。

 

 

ちゃんと撮影すると観る人が

ハッとする何かを感じさせます。

『どんな人なんだろう。』

会ってみたい。

 

 

これがポートレートの良さだと思います。

これからも撮影会を開催して行きます。

ぜひ撮らせてください。

 

 

『あなたの笑顔。』

 

 

 

9_1.JPG

お酒が大好きだった。

9_29.JPG


 

 

これも当時の作品撮りから。

この頃は東京から一度、実家に帰り、

アルバイトしながらカメラと黒幕を持って、

各地で人物撮影していました。

 

 

たまに東京に戻ってはモデルの撮影など、

今思えばとても貴重な体験でした。

ほんと楽しかったな。

 

 

当時の私(右端)とヘヤーメイクの友達とモデル2人

9_1のコピー.jpg

懐かしいハッセルのポラロイド。

か、髪の毛がある(涙) や、やせてる! 時間は恐ろしいい。

 

 

 

この写真も想い出一杯の写真です。

 

 

当時の東京コレクションのためにやって来た、

売れっ子アメリカ人モデルの

パメラさん。

 

 

このソバカスだらけの肌がカッコよかった。

 

 

作品撮りをするのに、

表参道にあるモデル事務所に

モデルのコンポジットカード(宣材資料)

撮影をさせてもらいに

事務所を訪れた時のお話。

 

 

この事務所でマネージャーさんを待っている間、

脚が長い外人モデルさん達に紛れて

そこにポツンと座ってる短足な私。

スタッフもみんな英語で話す。

 

 

それまで英語で喋っていた

オネエのマネージャーさん(イケメン)が、

突然日本語で『それでどの娘が撮影したいの?』

と聞かれ、焦った私は

何も考えずに一番目立っていた、

パメラさんを指差した。

 

 

マネージャーさんが

少し呆れ顔で

『無理だわあの娘は、一番の売れっ子よ。』

『そうですか、、、』下向く私。

 

 

来るんじゃなかった、もう帰りたい。。。

マネージャーさんきっと

二十歳ソコソコの私をみて

可哀想だと思ったのでしょう。

 

 

『いいわ。聞いてあげる。』と

英語でパメラさんに聞く。

 

 

なんと『オーケー!』の二つ返事。

朝から夕方までパメラさんを

撮影しまくった。

 

 

美人で本当に楽しい人だった。

その後マネージャーさんに

この写真を気に入ってもらい、

たくさんのモデルさんを撮影させてもらった。

 

 

 


このモデルクラブでの

写真がキッカケで

雑誌の専属カメラマンの道が開けた。

 

 

 

最高の思い出が詰まった、写真たちです。